1

地域に
愛され続ける
歴史が
信頼の証

ケアレジデンスが産声を上げたのは1984年。翌年に開設した水戸本館は、茨城県で初めての「介護付有料老人ホーム」でした。家庭での介護が当たり前だった頃の話です。福祉の最先端を学びながら海外への視察等を経て、「施設ではなく住まい」を目指したケアレジデンス。水戸本館へのニーズの高さから、さらに水戸新館を7年後の1992年にオープンさせます。まだ介護保険もなかった時代。「生涯住み続けられる安心の住まい」は県内だけでなく、東京からのお客様にも多く喜ばれました。今も首都圏からのお客様が多いのはその名残りです。

時代の変化とともにお客様のニーズも多様化してきています。その変化を敏感に感じ取りつつ、変わらず愛され続けるために、ケアレジデンスは皆さまの快適な住まいで在り続けます。

2

明日を生きる
充実した
シニアライフ

様々な社会との関わりを持って、人生を豊かに歩んで来られた方々がケアレジデンスのお客様。その充実感とライフスタイルをそのままに、煩わしさから解放された暮らしがここに在ります。少し先の未来を安心に変え、今を輝かせる素敵な時間をご提供しています。過ごし方はその方次第…賑やかに、あるいは静かに、外部との関わり方もお好み次第です。配慮の行き届いたプライバシー保護のもと、何にも邪魔されない時間をゆったり過ごしていただけるのが、ここでの暮らしの醍醐味です。

近年は介護予防にも積極的に取り組んでおり、定期的な運動を施設内でしていただけるようになりました。今を快適にお過ごしいただけるだけでなく、将来的にも健やかにお暮らしいただくための工夫です。そのような環境のもと、充実したシニアライフをお楽しみください。

3

外出や
行事を通じて
潤いのある生活を

ケアレジデンスに共通するものは「最後まで諦めない」という精神です。たとえお身体の自由がきかなくなっても、医療的配慮をしながら外出や行事へのお誘いをし続けます。春は桜、初夏はアヤメ、秋は紅葉といった自然に触れるドライブや楽しいお食事会。フラダンスや和太鼓などを招いての夏祭りなど、心わき立つ生活の彩りが随所に散りばめられています。

その方らしく過ごしていただくため、スタッフの教育には常に力を注いでいます。お散歩への同行やお茶のご提供など、お客様の細かいニーズを汲み取り、快適さをコーディネートできるスタッフを育てています。